深剃り&青髭対策のデメリットについて

深剃りのデメリット

  • 肌へのダメージが大きくなる
  • それが原因で肌荒れや乾燥が起こる
  • ニキビが出来たり、肌質が変化や老化の原因になることも

深剃りの最大のデメリットは肌へのダメージが大きくなること!(>_<)
より深剃りが行えるカミソリなどは、直接刃が肌に当たっているわけですからね。

肌にダメージがないわけがありません(^_^;)
また、ワンクッション入る電動シェーバーでも、深剃りするために何度も肌に当てることでダメージが増えます

それが原因となり、肌荒れ・乾燥・ニキビ・老化に繋がることも(大汗)
そういったことを防ぐためにも、髭剃り後のアフターケアはしっかりと行いましょう。

とはいえ、深剃りでダメージを大きくすると、それでもダメージを完全にケアするのは難しいです( ̄д ̄)

青髭対策方法とそのデメリット

  • 深剃り⇒肌ダメージが増す
  • 毛を抜く⇒埋没毛になって黒ずみが出来ることも
  • 脱毛(除毛)クリーム⇒肌への負担が大きい
  • ファンデーションで隠す⇒肌荒れの原因になることも
  • 抑毛ローション⇒劇的に改善するわけではない

青髭対策の多くは何かしら肌に負担がかかります(^_^;)
これが肌トラブルとなることも少なくないので、個人的には全体的におすすめしませんね。

毛を抜いてもすぐにまた生えてくる上に、埋没毛(皮膚のすぐ下に埋まる状態)になって黒ずみのように見えることが(;・∀・)
脱毛(除毛)クリームは肌への負担が強い化学物質メインの商品が多く、こちらもまたすぐに毛は生えてきます。

ファンデーションを塗ると肌荒れを起こすは、女性の化粧品業界でよく言われていること(^_^;)
この中で唯一おすすめ出来るのは抑毛ローションですね。

これはアフターシェイブローションの一種で、髭剃り後のケアだけでなく、ヒゲの生えるスピードも遅らせようというもの<(`^´)>
ただし、これは個人差が大きく、劇的に状況を改善するわけではないというデメリットがあります。

深剃りも青髭も根本から退治する

医療レーザー脱毛で原因からなくす。

髭脱毛を行い、ひげをなくしてしまえば、深剃りも青髭対策もする必要がありません(o^-‘)b

実は僕も1日2回剃ることもあるほどヒゲが濃く悩んでいたのですが、脱毛後は1週間に1回剃る程度になりました。

髭剃りのダメージがなくなったため、肌も随分と綺麗になりましたよ♪

脱毛にはいくつか種類がありますが、確実に退治したいならクリニックのみで行える医療レーザーによる脱毛( `ー´)ノ
唯一永久脱毛が行えると謳っています。

手軽に自宅でヒゲ以外も脱毛したいのなら家庭用脱毛器という手も☆
こちらはパワーは落ちますが、家で自分のペースで出来るという点が魅力ですね。

髭の悩み対策におすすめの情報

医療レーザー脱毛No.1:湘南美容外科クリニック

クリニックで医療レーザー脱毛を行いたいのならおすすめはココ☆
全国展開していてクリニックが多く、実績も知名度も抜群ですから。
安心して通いやすいのは大事です( `ー´)ノ

家庭用脱毛器No.1:ケノン

家で手軽に脱毛したいなら家庭用脱毛器の方に軍配が上がります^^
また、髭以外にもすね毛や胸毛などを脱毛したい人にも。
ケノンは女性用が多い家庭用脱毛器の中では、男のヒゲも大丈夫というパワーの強さが評判です☆

髭剃り後のケアに:ZIGENオールインワンフェイスジェル

1本で化粧水・美容液・乳液・クリーム・髭剃り後のケアも行えるオールインワンメンズコスメ☆
スキンケアだけでなく、アンチエイジングにも使えるという万能ぶり。