皮膚科に行く前にやっておきたいニキビケアについて

最終的なにきび治療は皮膚科が一番

皮膚科は最終手段。

ニキビが悪化してひどい状態になってしまった。

こうなってしまっては皮膚科に行くのが一番ですね。

とはいえ、皮膚科で治療するのは最終手段としましょう。

というのも、皮膚科に限らず、病院の治療は強力な代わりに副作用も強いから。

抗生物質など病院で処方される薬は化学物質の塊ですからね。
健康のことを考えるのなら、化学物質はなるべく体に入れたくない成分です。

化学物質は薬に限らず、コストが安いため様々なものに使われています。
そして、化学物質が厄介なところは蓄積量がある一定量(個人差が大きい)を超える花粉症や化学物質過敏症などを引き起こしたりするところ。

どちらも一度発症すると今のところ完治することはありません。
さらに、化学物質は一度体の中に入る完全には消化されず、体に残り続けるという点も非常に厄介。

自分の許容量が分からない以上、化学物質はなるべく避けておいた方が無難です。

その前に生活習慣の改善は行っておきたい

特に睡眠は大事。

ニキビが非常に悪化してしまったら皮膚科で治療するのが一番ですが、何事もその前の段階があります。

その時点で手を打てば、皮膚科に行って治療しなくても自分でどうにかすることもできます。

にきびケアで最初にして欲しいのは、食事・睡眠・運動・ストレスなどの生活習慣の改善ですね。

というのも、こういった生活習慣は思った以上にニキビを含む肌の状態に栄養しているから。
夜更かしはお肌の天敵といった言葉をよく聞きますよね。

睡眠に限らず、食事や運動などのその他の生活習慣も肌に大きく影響します。
バランスの良い食事を心掛け・出来れば11時前には寝て睡眠時間はたっぷりと・運動は適度に行う。

皮膚科に行かなくて済むように、ニキビが気になったらすぐにこういった生活を実践しましょう。

ニキビには正しいスキンケアも大事

スキンケアを行うメンズコスメも大事。

生活習慣の改善だけではにきびケア力が足りない。

そんな時はメンズコスメや化粧品などを使ってスキンケアも一緒に行いましょう。

ただし、間違ったスキンケアを行うと逆効果なので注意しましょう!

特に間違えやすいのが洗顔方法と化粧品選び。
洗顔は1日1回でごしごし擦らない(やり過ぎや擦ると逆に肌を傷めニキビを悪化させる)

メンズコスメなどの化粧品はにきび用かどうかこだわる前に、まずは肌に優しいものを選びましょう。
ここでも避けたいのはコストは安いが刺激が強い化学物資メインの化粧品

そして、ドラッグストアやスーパーなどで売っている安い化粧品のほとんどが化学物質メインの商品です。
そうしないとあの低価格は実現できません。

逆に肌に優しい天然成分メインの化粧品は価格が高い。
ただ、本気でニキビケアを行うならこれぐらいの出費は覚悟しないといけません。

逆にお金をかけたくないのなら、刺激が強い安い商品を使うぐらいなら、何も使わない方がマシです。
そっちの方が出費も抑えられます。