デザインヒゲの剃り方について

まずは残す部分を少なく

必要ない部分はしっかりと剃る。

とくかくひげを伸ばせば、デザインヒゲやお洒落髭になるわけではありません( ゚д゚ )

ここは勘違いしないようにしましょう。

基本的に髭は伸ばせば伸ばすほど、さらに生えている範囲が広いほどお洒落に魅せるのは難しいです(^_^;)

特に女性相手には。
なぜなら、女性は男性よりも清潔感を重視する傾向が強く、髭を伸ばす行為は清潔感と相反する行為だから(汗)

無精ひげがその典型ですね。
なので、デザインヒゲの剃り方としては、まずは残す部分はアゴ先など少しだけにし、その他の部分はしっかりと剃るようにしましょう(o^-‘)b

ヒゲが少なければデザインもしやすい。
また、剃った部分はしっかりとアフターケアをしないと肌トラブルの原因になるので注意が必要です( `ー´)ノ

アゴ・口周り・・・少しずつ範囲を広げてデザイン

自分に合ったデザインヒゲを作る。

少ない髭でデザインヒゲが作れるようになったら徐々に剃り方を変えていきましょう☆

まずはアゴ部分の生やす範囲を広げる。

次に口周りも生やしてみましょう♪

うまくデザイン出来るようならどんどん剃り方を変えていきましょう。

モミアゲまで繋げたり、口周りとアゴの髭を繋げたりですね^^

とはいえ、人によって合う合わないがあります。
自分の顔に合った範囲で伸ばすのが理想的です(o^-‘)b

残すヒゲの長さはサイド1~2mm、センター4~6mmぐらい

長さ調整も必要。

ちなみに残すヒゲの長さは、まずはサイド1~2mm、センター4~6mmぐらいにしておきましょう☆

こちらも長くなるとそれだけお洒落に魅せるのが難しくなるので。

短い段階でデザインヒゲがうまくいったら、どんどん伸ばして自分の顔にベストの長さを見つけていくのです♪

ちなみにデザインヒゲをキープするためには、必要ない部分を常に剃り・残す部分も定期的に長さ調整しないといけません
これが非常に面倒なのですよね~( ̄д ̄)

この面倒さでデザインヒゲを諦める男性も多いですから。
ただ、お金はかかりますが、デザイン脱毛という方法もあります( `ー´)ノ

必要ない部分を脱毛し、必要な部分も量を減らして濃さを調整するやり方ですね(さすがに長さは自分で調整しないといけませんが)
これをやると手入れは段違いに簡単になります♪

効果重視なら永久脱毛が行えるクリニックでの医療レーザー脱毛ですが、お手軽さ重視なら家庭用脱毛器が一番ですね。

デザインヒゲ・髭の悩み対策におすすめの情報

デザイン髭の医療レーザー脱毛No.1:ゴリラクリニック

デザインヒゲのためのデザイン脱毛をするのならこのクリニック♪
公式サイトでもデザイン脱毛に力を入れているのが分かります。
実録・体験談などもたくさん公開されていますよ^^

家庭用脱毛器No.1:ケノン

男性の髭にも対応するパワーの強い家庭用脱毛ならケノン♪
女性用が多い家庭用脱毛器の中でも異色の存在です。
特に男性のヒゲは非常に頑丈ですからね( `ー´)ノ

髭剃り後のケアに:ZIGENオールインワンフェイスジェル

剃った部分のアフターケアは忘れてはいけない( ゚д゚ )
ZIGENはアフターケアだけでなく、スキンケアも行える万能型オールインワンメンズコスメです。